シーズンイン



ここ数日、急に暖かくなった影響で、霧が発生しました。


高松港周辺を含む、瀬戸内海は春~梅雨の時期に濃い霧が


多発します。風がなく穏やかな海上は真っ白な世界です。





操舵室からの視界もご覧の有様。真っ白です。




この日は船長の個人的評価で、10段階中7程度の霧の濃さ。


有効視界は約50m以下ってところでしょうか・・・。


濃さがひどい時には、有効視界が10m以下、


操船している自船の先端が見えないなんて事も(汗)







霧の濃度にもよりますが、視界が500m未満になると


高松港では「停船勧告」が発令されます。


この「停船勧告」、実は香川県高松港と岡山県宇野港の


2ヵ所だけが、日本全国の港の中で正式発令されています。





上記画像は  小豆島・土庄港  ですが、本来船が発着する


桟橋は、手前に見えてる船の向こう側、う~すらと


シルエットが見えてる場所です。距離で約50m程。






海上タクシーは「停船勧告」の縛りが無いので、濃霧の中


でも航行可能です。が、実際に船を出す海上タクシー業者は


少数派だと思います (;^ω^)  


レーダー等の航行機器のスペックにもよりますが、


やはり経験と航行海域の知識がかなり重要です。





フェリーをはじめ、定期船がすべてストップしますから、


当然ながら物流もストップ。


島の港にあるコンビニもご覧の有様。


パンや弁当のコーナーは空っぽ。




お、何か残ってるとよく見ると枝豆163円。


お昼ご飯に枝豆だけってのはちょっと・・・。






そして定期船が一切動かないので、


何が何でも移動しなければいけない理由のある


お客さんから、電話がジャンジャンかかってきます。


濃霧の中も運航出来る船と、船長が限られているので、


依頼を受けきれずに、何件もの依頼をお断りさせて


頂く状態に。対応出来なかったお客様、ごめんなさい。





瀬戸内の霧は時間が経過すると、低い位置に溜まるのが特徴




島の山頂部だけひょっこり見えてます。


この状態で霧の高さが50~60m位でしょうか。濃縮状態に


なると、だいたい30m位の高さの濃い霧の層が出来ます。


その状態になった濃霧を、霧の晴れた場所から見ると、


大型船のマストだけが霧の層の上から見えてるなんて事も。




何にせよ、船乗りには頭の痛いシーズンの始まりです。



お問合せ連絡先

船長直通電話

080-5505-6000

高松事務所番号

087-8800-955

(海上にいる場合は出れません)

FAX番号

087-8800-955

Mail:

t.marin.taxi@gmail.com


ship_img