お問合せ連絡先

 

船長直通電話

080-5505-6000

080-5664-7620


高松事務所番号

087-8800-955

(海上にいる場合は出れません)


FAX番号

087-8800-955


Mail:

t.marin.taxi@gmail.com


★営業状況を確認★

 Twitterで最新の営業情報

船長のくだらないfacebook

案外こまめに更新中

内容は こちら

悪天候でも安全運航で営業中

時化てても

濃霧で視界が悪くても

他の映像は こちら でどうぞ

おすすめ・協力業者様

詳しくは 画像 をクリック

 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

リンク



高松港

高松港は四国の海の玄関口として、古くは11世紀頃から、交易港として栄えていました。それから1000年程経過した現在も、日本屈指の重要特定港として多くの旅客船や貨物船が発着しております。港近くにはJR高松駅と琴電築港駅があり、各方面へのアクセスが大変便利です。サンポート高松の愛称で親しまれています


その他詳しくは こちら をご覧ください。



女木島

女木島は「鬼ヶ島」としても有名な島です。高松港沖合約4kmのところにあり、鬼ヶ島大洞窟があります。春は桜の名所として瀬戸内海の多島美と桜の絶景がオススメ。夏は全国快水浴場100選にも選ばれている、水質の良い鬼ヶ島海水浴場が大変にぎわいます。瀬戸内国際芸術祭でも有名な現代芸術の島でもあります。


その他詳しくは こちら をご覧ください。




男木島

男木島は女木島の北に1km程沖合いにある島です。地形の関係から、家屋などは島の南西斜面に密集して立ち並び、男木島独特の景観を生み出しています。2月上旬~3月上旬頃には約1100万株の水仙が咲き誇る「男木島水仙郷」が有名です。また日本で2基しかない無塗装総御影石造りの「男木島灯台」も美しい景観を見せてくれています。野生の猫も多く、猫好きな方には猫島としても有名です。


その他詳しくは こちら をご覧ください。



直島

直島は現代アートの聖地として世界的に有名な島です。特に外国からのお客様が多く、島のあちらこちらで多国籍な雰囲気を体感できます。島内は宮浦地区と本村地区の大きく二つの地区に分かれて、各地区の特色あふれるアートを感じる事が出来ます。また、ベネッセアートサイト直島が運営する地中美術館などで著名な現代アート作家の作品を鑑賞できます。飲食店や宿なども多くあります。


その他詳しくは こちら をご覧ください。




豊島

豊島は直島の東隣に位置する島で「食とアート」の融合した島です。イチゴやレモン、オリーブなどの産地でもあり、島キッチンをはじめとする島内のお店では、島で採れた海の幸、山の幸をふんだんに使った食事などができます。豊島美術館や豊島横尾館などはじめ、多くの現代アートに出会える島でもあります。豊島は広いので、レンタサイクルで巡るのがオススメです。


その他詳しくは こちら をご覧ください。



犬島

犬島は約100年前の銅の精錬所を利用した「犬島精練所美術館」が有名です。国内外から大勢の来島者があります。産業遺構と現代アートの見事に融合した、瀬戸内海の絶景の中のアートアイランドです。犬島時間というアートプロジェクトが毎年5月に催され、大変人気があります。人口45名(H27年度)の小さな島ですので飲食店は少なく、食事や船便の確認などに注意が必要です。


その他詳しくは こちら をご覧ください。




小豆島

小豆島は瀬戸内海で淡路島に次いで2番目の大きさの島です。主な港は土庄港、池田港、坂手港、草壁港、福田港、大部港と6ヵ所あり、フェリーなどの就航数も全国有数の便数を誇ります。人口は約3万人程。オリーブや醤油、そうめんの名産地としても大変有名です。寒霞渓や二十四の瞳映画村、エンジェルロードなどの観光地をはじめ、最近は島カフェや現代アートでも有名となってきました。


その他詳しくは こちら をご覧ください。


 

本島

塩飽諸島の中心の島、本島は「塩飽勤番所」また塩飽水軍の本拠地としても有名です。また瀬戸大橋を間近に望む絶景を堪能できます。人口は約400人程ですが、観光客も多く訪れる人気の島です。最近は本島イルカ村というイルカと触れ合えるスポットが人気です。また瀬戸内国際芸術祭の会場としても人気を博し、現代アートの発信地としても知名度上昇中です。

 

その他詳しくは こちら をご覧ください。


googlec3c94a1d27e210f7 (3).html
HTMLドキュメント 53 Bytes

プライバシーポリシー | サイトマップ
ご予約・お問い合わせ: 株式会社 高松海上タクシー 本社 香川県綾歌郡綾川町陶1176-40  24時間対応 船長直通080-5505-6000(担当・多田) FAX 087-876-5573